安全性能

ホーム > 車両紹介 > 安全性能

コンフォート安全性能

MDAS‐Ⅲ(運転注意力モニター)

MDAS‐Ⅲ 高速走行時、ドライバーの運転状態を常にモニターし、注意力低下を警報するシステム。 走行状況や運転特性を学習するとともに、白線認識カメラや各種センサーの情報から運転注意力を推定。

高精度なマルチ表示システム「Ivis(アイヴィス)」の注意力レベル 表示に加え、さらに必要に応じた警報を発生します。また、注意力が低下した状態で 車線を逸脱した時は、逸脱側のスピーカーから警報を発するなど、運転を積極的にバッ クアップ。予防安全性を高めます。
MDAS:Mitsubishi Driver's Attention monitoring System
MDAS3

コンフォート安全性能

PCS(プリクラッシュセーフティ)[衝突被害軽減ブレーキシステム]

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するPCSに新しく衝突回避を支援する機能を搭載しました。走行中、ミリ波レーダーが低速で走行する先行車を検知・分析。追突の恐れがあると早いタイミングでフル制動し、衝突回避のサポートを行います。また、「ドライバーモニター」を新採用するなどPCS機能と連携する警報システムの強化も図りました。

〈 PCS進化のポイント 〉

【衝突被害軽減機能】
・追突の恐れがあると警報やブレーキ作動で注意。危険が高まるとより強力に制動。
・衝突後も制動を継続し被害を軽減。
・ストップランプ、ハザードランプの点滅で2次被害防止を支援。

【衝突回避支援機能】
・前方の低速走行の先行車を検知し、追突の恐れがあると警報やブレーキ作動で 注意。より危険が高まると早いタイミングで強いブレーキが作動。

【警報システムなどとの連携】
・ドライバーの顔をとらえ前方不注意状態へ警報を出す「ドライバーモニター」を搭載。 「 車両ふらつき警報」や「スキャニングクルーズⅡ」も標準装備。 正面衝突防止に貢献する対向車検知機能を搭載。

【その他】
・乗客への配慮として、障害物検出性能の向上による不要な警報音を削減。

"PCS""VSC"はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
*PCSはドライバーの安全運転を支援するシステムです。完全に衝突を回避するものではありません。
PCS

VSC[車両安定制御システム] VSC=Vehicle Stability Control

カーブでの車線のはみ出しや横転などを抑制するため、警報音やエンジンの出力制御、ブレーキ作動により、ドライバーの危険回避操作をサポートします。

"PCS""VSC"はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
*VSCはドライバーの安全運転を支援するシステムです。車両の横転、スピン等を完全に防止するものではありません。
車両紹介
安全性能
O.T.B.LINER運行状況

O.T.B.LINER予約※オリオンツアー高速バス予約サイトを開きます。

採用情報

バス乗務員 求人掲載中バス乗務員 求人掲載中

バス乗務員 求人掲載中バス乗務員 求人掲載中